縛りなしWiFi

ポケットwi-fi ドコモ光

ポケットwi-fi とドコモ光の違いとは?

簡単に言うと
・ポケットwi-fi は持ち運べる
・ドコモ光は家庭内で使う
というイメージ。

「じゃあ、ポケットwi-fi があればドコモ光なんて要らないんじゃない?」という発想が浮かびますね。

実はそのとおりなんです。
最近のポケットwi-fi は通信速度も早いし通信容量(ギガ)もたっぷりで、しかも安いというものが出てきてます。


家庭用ネット回線も、そろそろオワコン化してしまうかもしれませんね~~。

ポケットwi-fi ドコモユーザー

ドコモユーザーに向いているポケットwi-fi ってあるんでしょうか。

ドコモユーザーならやっぱりドコモのポケットwi-fi ?
そうとも限りません。そこにこだわってしまうと損することもあります。

たしかにスマホとポケットwi-fi をセット料金で売り出していたりするのでオトクな気がする場合もあります。
ただし、よく見てみると容量制限がスマホとの合算で計算されていたりするのであまり役に立たなかったりするのです。

せっかくスマホとポケットwi-fi を二台持ちするのなら容量制限はそれぞれ別計算にしてくれないと意味がないような気がします。
だってスマホの通信容量を補うためにポケットwi-fi を持つという人が多いわけですからねッ。

そういう意味ではこちら

安いし容量も十分なのでスマホの容量制限を補ってくれるのでオススメです!

ポケットwi-fi ドコモ 料金

ドコモのポケットwi-fi って料金プランはどんな感じでしょうか。

料金を考える際に
・ドコモユーザーの場合
・ドコモユーザーじゃない場合
の2つのパターンで大きく変わってきます。

まずドコモユーザーの場合は、ポケットwi-fi とスマホの二台持ちということで料金が合算されて多少は安く感じるプランとなってます。
ただし、通信容量はこの二台の合計で計算されるので要注意ですね。
「データプラス」というプランで、月々のスマホ料金プラス1,000円で利用可能です。

ドコモユーザーじゃない場合は、
・ギガホ(月30GBまでで、月々6,980円)
・ギガライト(月7GBまでで、月々2,980円~5,980円)
という感じで普通に高いと思います。

あくまで2020年現在のデータです。
数字はちょこちょこ変化するとは思いますが、基本的な割高感はあまり変化しないでしょうね。

ポケットwi-fi ドコモ

ドコモから販売されているポケットwi-fi はどんな感じでしょうか。

「Wi-Fi STATION SH-52A」は5G対応。
ドコモ史上最速ルーターとなってます。

もちろんそれ以外の端末も好評発売中。

ただ、どの端末を選んだとしても他社と比べて料金プランは非常に高額。
それに見合ったクオリティがあるかというと、さほどでもないようなイメージですね。

ドコモブランドの安心感とか手厚いサポートなどをあてにして契約するなら良いのですが、コスパを重視する方にとってはちょっと考えものかもしれませんね~~。

コスパや通信回線のクオリティを重視する方は、ドコモの名前にとらわれることなく自分の求めるサービスを提供してくれる会社のポケットwi-fi を選べばいいかなと思います!

【THE Wi-Fi】